痛みを自分で消す方法

腰痛

  • なんとなく体がだるい
  • 腰が重い
  • 万年肩がこっている・・・

からだに痛みや不調を感じる。

その不調の原因は、2種類あります。

①本当に体のどこかにダメージがある

②神経が間違った反応をしている為に、不調と感じている

①の場合は解剖学にのっとった方法で改善できます。

今日は②の場合。

神経が間違った反応をしている為に、不調と感じている

つまりは、

実際体に不具合がないのに

痛みを感じている

という場合があるのです。

しかも、よくあります。

この場合は、ご自身で、

改善することができます。

まず、体の痛い箇所、重い箇所を、

よーく観察します。

と言っても、

目で見るのではなくて、

  • 痛む場所はどこなのか
  • 痛みの強さ弱さ
  • ズキズキするのか、ピリッとするのか

などを、よーく感じてみます。

人によっては

「気のせいかな~」と思う方もいらっしゃるとは思いますが

ご自身の感じる感覚を

100%信じてあげて

感じてみましょう。

何を感じても正解です◎

感じられたら、

(感じられなくても^^)

痛みや不調を手放すイメージで、深呼吸をします。

例えば、腰痛なら、

息を吐く時に、

黒い煙がもくもく~と

腰から出てくるイメージをします。

マインドフルネスでも説明されていますが、

痛みや痺れなど、イヤな刺激には、

不安や心配など、負の感情がセットになっていることが多いです。

負の感情。

それは自分の溜め込んだ感情の場合もありますし、

他人の感情を引き取っている場合もあります。

例えば、卒業式や入学式など、人の多い集まりに参加した後

体がドーンと重くなったり、

肩が凝ったり、

頭痛が…

という経験はありませんか?

同席した他の人の感情を無意識に引き取ると、

上記のような不快症状が出たりします。

大切なのは、

自分のからだは痛みも痒みもない、

快適な状態が自然体なのだ

ということを思い出すこと。

自分自身が

痛みや痒みと一体化しない。

客観的に観察すること。

それだけで消えていく不調は

沢山あります。^^